泉州桜カップ2013 泉州に桜舞え
泉州桜カップ2013『泉州に桜舞え!』

■開催概要
ここ数年、日本全国で「不況」という時代になり、特に大阪泉州地域のほとんどの自治体が第二の夕張候補に上がるほど暗いニュースが続き活気がありません。
それでも泉州地域では、「祭り」に熱く、近年でもだんじりを新しくする町は多く(現在のところ平成28年まで新調だんじりが誕生する予定)、新しく祭禮に参加する町会あるほど祭りにかける意気込みは熱い地域です。

100年に1度といわれる大不況。
こういうときこそ行政や企業のみに頼るのではなく、祭りのように地域の人みんなで一つのものを創り上げる事により街を元気にしていきたいと考えております。

大阪市をベースに泉州地域でも活動をしているセレッソ大阪(大阪サッカークラブ株式会社)様に協力を求めフットサル大会を開き、泉州地域特有の秋祭りの要素を取り込むことによりプレーヤーだけではなく、観客、そして町の人みんなが共に楽しめる大会を目指します。

また、この大会を継続して続ける事により泉州にスポーツを楽しむ文化を根付かせることも目的としております。

泉州桜カップ・ロゴ
泉州桜カップ・トロフィー

 

泉州桜カップ鳴物拾伍人組
泉州桜カップ鳴物拾伍人組

祭りとスポーツをコラボレーションさせた少年フットサル大会『泉州桜カップ』 そのPR部隊として組まれたのが“泉州桜カップ鳴物拾伍人組”です。 実際の祭りでも鳴物(なりもの)と呼ばれ、だんじり囃子演奏を担当する若い衆が 『大阪泉州復活!』を合言葉に地域の垣根を越えて集結しました。

だんじり太郎
大会マスコット『だんじり太郎』